八潮市八潮の八潮駅近く内科・小児科・循環器内科なら藤井クリニック

特定健診(メタボ健診)

特定健診について

特定健診について

糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、高脂血症などに代表される生活習慣病の患者は年々増加し、現在では国民医療費のおよそ30%を占めるにいたっています。これらの生活習慣病は個々の原因で発症するというよりも、肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満が犯人であると考えられています。内臓脂肪蓄積により、さまざまな病気が引き起こされた状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とよび、注目されています。

国のメタボリックシンドローム対策の柱として、企業の健康保険組合や国民健康保険を運営する市区町村などに採用が義務づけられ、2008年4月よりスタートしたものが特定健診(特定健康診査)といいます。

自分の症状を知るための、特定健康診査(メタボ検診)

特定健診について糖尿病や高脂血症、高尿酸血症などの生活習慣病の発症や重症化を予防するためには、 まずは自分の症状を自覚する・知ることが大切です。 糖尿病等の生活習慣病は、若い時からの生活習慣を改善することで、 その予防、重症化や合併症を避けることができると考えております。 生活習慣を見直すための手段として、特定健康診査が行われております。
受けましたか?今年の特定健診・特定保健指導(厚生労働省ホームページ)
当院は、八潮市の特定健康診査の実施医療機関です。
検査項目は、とても充実しております。是非この機会に利用し、健康管理にお役立て下さい。
特定健診は予約はなしで可能ですので、お時間ある時にお気軽にお立寄り下さい。
(入学・就職などの一般健康診断など行っております。一般健康診断の詳細はこちら>>

メタボリックシンドロームとその予防について

最近のテレビや雑誌などでは「特定健診」や「メタボ健診」という名称で呼ばれることが多くなっていますので、正式な名前には馴染みがない方も多いかと思います。この特定健康診査は、糖尿病や高脂血症、高尿酸血症などの生活習慣病の発症や重症化を予防することを目的として、メタボリックシンドローム(※)に着目し、この該当者及び予備群を減少させるための特定保健指導を必要とする者を、的確に抽出するために行うものです。
※メタボリックシンドローム…内臓脂肪型肥満と糖質や脂質などの代謝異常、または高血圧が合併した状態のことです。心臓血管系の病気の引き金となるため、注目されるようになりました。
40~74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人が、メタボリックシンドロームが強く疑われるか予備群と考えられています。
下記のような習慣は、メタボリックシンドロームになりやすい生活習慣です。

  • 早食い・ドカ食い・ながら食いが多い。
  • 就寝前の2時間以内に夕食をとることが週に3回以上ある。
  • 夜食や間食が多い。
  • 朝食を抜くことが多い。
  • ほぼ毎日アルコール飲料を飲む。
  • 睡眠で休養が得られていない。     など。

メタボリックシンドロームのベース内臓脂肪は、食べ過ぎ・運動不足などの不健康な生活習慣を改善することで減らせます。 健診の結果にあわせて、当院では患者様にあわせた、運動習慣・食生活の改善、治療・薬の処方、生活習慣の指導などをご提案させて頂きます。

自分の症状を知るための、特定健康診査(メタボ検診)

糖尿病、高血圧、脂質異常症、高血糖、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞 などこれらの言葉を聞いても、 まだ若いから大丈夫。元気だから大丈夫。と、思われる方も大半だと思います。

近年、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群が増加しており、生活習慣病を原因とする死亡は、全体の約3分の1にものぼると推計されています。
若いころからの生活習慣の積み重ねが、さまざまな病気へ繋がります。
自分の健康を自分で守るために、危険のリスクがある事を知っておきましょう。

特定健康診査項目

誰もが、年齢を重ねると動脈硬化症になります。
動脈硬化症は、年齢以外に、高血圧、高血糖、脂質異常症、高尿酸血症やストレス、喫煙などの生活習慣が続くことで進行します。

動脈硬化症が進行すると・・・
血管が狭くなったり、詰まったりすることで、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などを引き起こすのです。
動脈硬化症は、死に繋がる恐ろしい病気を引き起こす危険を抱えているのです。

特定健康診査項目

動脈硬化症は、さまざまな症状を引き起こしますが、沈黙の病気を言われる程「気づきにくい」病気です。
心臓の動脈である冠動脈が狭くなっていても、自覚症状はないでしょう。
気付いた時は、心臓に酸素や栄養が回らなくなっていたり、 最悪のケースは、心臓が停止してしまう・・・そんなことも現実あるのです。

健康な時こそ、定期的な健診へ足を運んでみましょう。
また、健診で、高血圧、コレステロール値が高いなどを指摘された方は、お気軽に循環器科へご相談ください。
そして症状がある方は、早期発見・早期予防のチャンスと考えましょう!
高血圧、脂質異常症、高血糖、ストレスと抱えている、タバコを吸う、足がしびれる方など、少しでも異常を感じている方はお早目にご相談ください。

特定健康診査項目

  • 問診(生活習慣、行動習慣)
  • 診察(理学的所見)
  • 身体計測(身長、体重、腹囲、肥満度、BMI)
  • 血圧測定
  • 血液検査(肝機能・脂質検査・腎機能・血糖検査・・・等)
  • 尿糖、尿タンパクの有無の検査
  • 便ヒトヘモグロビン(大腸がん)

医師の判断で選択的に実施する項目

  • 心電図
  • 貧血検査
  • 眼底検査
  • 貧血検査

その検査内容は上記の通りで、従来の労働安全衛生法上の法定健診項目との比較では、まず腹囲が追加されています。この腹囲の基準として、男性が85cm以上、女性が90cm以上の場合、メタボリックシンドロームの基本要件を充たすこととなります。

そして、血液検査項目ではLDLコレステロール、HbA1c(グリコヘモグロビン)が必須項目として新たに追加され、総コレステロールが削除されています。また、胸部X線検査や喀痰細胞診が項目削除され、メタボリックシンドロームに特化している点も注目されます。

現行の健診では、医療機関ごとに検査法、検査機器、試薬などの違いにより基準値や健診判定値の違いがあり、異なる健診機関のデータを比較することが出来ませんでした。しかし、この特定健康診査では、実施した健診機関を問わず保険者はデータを一元管理し、リスクの高いものから優先的に保健指導を行うことが求められており、検査測定値の標準化を行うことが出来るようになっています。

異常が見つかったら特定保健指導

異常が見つかったら特定保健指導

メタボリックシンドロームの診断基準に沿って複数のリスクを持つ受診者に対しては、医師、保健師、管理栄養士などによる特定保健指導が行われます。病気の人を拾い上げるのではなく、これから病気になりそうな人を抽出して医療関係者が早期に介入することが主眼となっています。

特定保健指導の内容は、受診者の状態に応じて、対面や電話、電子メールによる動機づけ支援(原則1回の指導)、積極的支援(3ヶ月から6ヶ月の継続的な指導)となっています。

なお、保健指導対象者の選定方法は以下の通りです。

ステップ1:腹囲とBMIで内臓脂肪蓄積のリスクを判定

腹囲:男性は85cm以上、女性は90cm以上 → (1)
腹囲:男性は85cm未満、女性は90cm未満、かつBMIが25以上 → (2)

ステップ2

1.血糖…空腹時血糖値が100mg/dl以上またはHbA1cが5.2%以上または薬物治療中
2.脂質…中性脂肪が150mg/dl以上またはHDLが40mg/dl未満または薬物治療中
3.血圧…収縮期の値が130mmHg以上または拡張期の値が85mmHg以上または薬物治療中
4.喫煙歴あり

ステップ3:ステップ1、2から対象者をグループ分け

(1)の場合:1~4のうち、2つ以上該当で「積極的支援」、1つは「動機づけ支援」を行う。
(2)の場合:1~4のうち、3つ以上該当で「積極的支援」、1~2つは「動機づけ支援」を行う。

ステップ4

65歳以上75歳未満の前期高齢者は、積極的支援の対象となった場合でも動機づけ支援とする。
血圧降下剤などを服薬中の人は、医療保険者による特定保健指導の対象としない。 医療機関では、生活習慣病管理料、管理栄養士による外来栄養食事指導料、集団栄養食事指導料などを活用することが望ましい。

藤井クリニック tel:048-998-7522

八潮市八潮にある藤井クリニックです。内科・循環器内科・小児科・リハビリテーション科を中心に、予防接種や健診・生活習慣病の治療などに力を入れております。お気軽にご相談ください。