八潮市八潮の八潮駅近く内科・小児科・循環器内科なら藤井クリニック

クリニックのご紹介

診療案内

診療科目

内科循環器内科小児科リハビリテーション科各種検査・健診

内科

内科

高血圧、糖尿病などの生活習慣病から日常疾患(かぜ、下痢、嘔吐、気管支喘息など)まで、地域の皆様のかかりつけ医として、幅広く診療にあたっております。

生活習慣病

高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風(高尿酸血症)など

感染症

かぜ、インフルエンザ、肺炎、感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルス)、膀胱炎など

C型肝炎

当院は、C型肝炎治療認可施設です。インターフェロン等による加療を行っております。
肝炎は肝硬変、肝臓がんへと長い年月でほぼ確実に移行します。早めの決断を推奨します。

アレルギー性疾患

気管支喘息、花粉症、じんま疹、アトピー性皮膚炎、主婦湿疹など

その他

尿管結石、帯状疱疹、胆石、急性胃炎、急性大腸炎、逆流性食道炎など

循環器内科

循環器科

高血圧、狭心症、心筋梗塞、不整脈、腎不全などの病気を扱っている科です。動悸がする、胸が痛い、脈が飛ぶ、頭が重い、むくみがあるなどの症状をお持ちの方は要注意です。

心臓病

狭心症、心筋梗塞、不整脈、心臓弁膜症、心筋症など

血管疾患

大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症など

睡眠時無呼吸症候群

当院ではCPAP(シーパップ)治療を行っております。
・大きないびきをかく
・日中よく居眠りをする
・居眠り運転を起こしそうになる
・眠っている時、呼吸が停止する
など、心当たりがあり・ご心配な方はお気軽にご相談ください。
睡眠時無呼吸症候群の詳細はこちら>>

こんな症状で不安な方、循環器科の診療をおすすめします

●動悸がする・脈がとぎれるなどの不整脈
●虚血性変化と指摘された
●めまいがする。意識がとびそうになる
●足がむくむ
●歩くと足が痛くなる
●健康診断などで下記の指摘された方
  ・ 血圧が高い
  ・ 不整脈がある・心電図に異常がある
  ・ コレステロール・中性脂肪、尿酸が高い

気になる症状がある方は、お気軽に循環器科へご相談下さい。

小児科

小児科

お子様の風邪から、喘息(ぜんそく)、アトピーまで幅広く診療に応じております。
病気の診断・治療はもちろんのこと、予防接種を含めた日常の病気予防と相談にも応じております。

予防接種

予防接種は病原体を弱めたり、不活化(殺してしまうこと)を行い免疫力をつけることにより、病気に対する抵抗力をつけ、発病を予防したり、症状を軽くしたりできます。

乳児健診

お子様の発育・発達が順調であるかどうかを定期的にチェックいたします。
色々な病気の早期発見にもつながり、お子様の健康を見守るためにぜひ受けていただきたいものです。

尚、4ヶ月健診、10ヶ月健診は八潮市在住の方であれば個別健診としてとり行っております。
詳細は「こどもの健診のページ」をご覧下さい。

リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科では年齢を問わず、腰痛、肩こり、首の痛み、膝の痛み、筋肉痛、リウマチ、線維筋痛症などの病気に対し、マイクロウェーブ・低周波・牽引・レーザー等を一人一人のニーズに対応したプログラムに沿って治療を行っています。ご相談ください。

各種検査

各種検査

心エコー

心機能の検査で、超音波を用いるため無痛・無害の検査です。弁膜症の発見や不整脈の原因、心肥大や心臓自体の動きを評価します。

腹部エコー

肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓・腹部の血管などを見る検査です。肝臓ガン、胆石、腎結石などの発見に役立ちます。

その他の検査

①レントゲン検査(胸部・腹部など)
②心電図(狭心症・心筋梗塞・不整脈の発見)
③ホルター心電図(24時間心電図)
④尿素呼気試験(ピロリ菌の有無の検査)
⑤経皮的動脈血酸素飽和度(血液中の酸素の量がわかります)
⑥血液検査
⑦尿検査

健康診断

当院では、八潮市の健康診査はじめ、一般健康診断(入学、就職、企業検診)を行っております。
美容師・理容師・調理師などの免許申請診断書作成も承っております。
検査項目は、お問合せ・ご相談下さい。

八潮市の特定健診についてはこちら>>

現在増えています、COPD(慢性閉塞性肺疾患)を、調べることもできます。
COPDは、別名「肺の生活習慣病」とも呼ばれており、喫煙者、喫煙歴のある人に多い病気です。症状に気づかず、発見が遅れがちな病気です。
せき・たん・息切れなど、ご心配な方はお気軽にご相談下さい。

生活習慣病について

生活習慣病について

糖尿病、高脂血症、肥満症などの生活習慣病は日常生活が治療の場です。
皆様のライフスタイルにも関わる大切な治療になりますので、より充実したコミュニケーションと適切な治療を進めていきます。

イラストで分かりやすく説明しております。 (厚生労働省ホームページ)
心臓病 ・脳卒中 ・糖尿病 ・高血圧 ・肥満
脂質異常症(高脂血症・高コレステロール)

三大生活習慣病【がん】・【脳卒中】・【心臓病】

生活習慣病の要因には物理的に避けられないものもありますが、自分で改善できるものも少なくありません。生活習慣病にならないためには、「歳をとったから仕方がない」のではなく、「生活習慣を改善することで予防したり進行をおさえることができる」病気だという意識を持つことが大切です。

生活習慣病を防ごう

がんや脳卒中、心臓病、糖尿病、肝臓病などの病気は、長年のよくない生活習慣が重なって発病します。そのため、「生活習慣病」と呼ばれています。生活習慣病は徐々に進行していきます。そのため、異常に気づいたときにはかなり進行していたり、治りにくく、他の病気も併発しやすいという性質があります。

一次予防:健康的な生活習慣を心がけ、実行する

・バランスのとれた食事
・適度な運動
・十分な休養

二次予防:定期的に健診を受け、自分の健康状態を把握し、生活を改善する。

・年に一度は健診を受ける。
・健診結果を生活改善の指針とする。

三次予防:適切な治療を受け、積極的にリハビリや機能維持、病気の再発防止に努める。

生活習慣病予防のための食生活のポイント

生活習慣病予防のための食生活のポイント

生活習慣病全般の予防

・バランスのよい食生活にする。1日30食品を目標に、主食、主菜、副菜のそろった献立を立てる。
・食べ過ぎに注意する。腹八分目を心がける。間食にも注意。

高血圧・高脂血症・心臓病などの予防

塩分をとりすぎない。1日10g以下を目標に、薄味に心がける。

動脈硬化・高脂血症・心臓病などの予防

脂肪は量と質を考えてとる。動物性脂肪のとりすぎに注意。
新鮮な魚の油を多くとる。

がん予防や老化防止

野菜を十分とる。1日300gを目標に、野菜とくに緑黄色野菜を積極的に食べる。

大腸がん・肥満などの予防

食物繊維をとる。野菜特に根菜類や海藻を積極的に食べる。

骨粗しょう症予防・ストレス防止

カルシウムをとる。カルシウムを多く含む牛乳・乳製品・小魚・海藻・大豆製品を十分にとる。

肥満・糖尿病などの予防

アルコールや糖分は控える。アルコールは食欲を刺激する。清涼飲料水の糖分にも注意する。

自費診療

AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)

男性に、最も多くみられる脱毛症のことをいいます。

【治療法】

徐々に脱毛が進行していく症状がでるため、ただ髪の毛を増やすのではなく、抜け毛の進行を抑え、現状維持をしていく治療が必要になります。

当院では一般に、飲み薬(プロペシア)を処方しております。男性ホルモンのアンバランスで生じる脱毛症や薄毛を抑え、進行する抜け毛を抑える作用があります。AGAには、様々なタイプがございますので、一人で悩みを抱えずまずはお気軽にご相談下さい。

ED(勃起障害)

ED(勃起障害)

EDとは、勃起不全のことを言います。人によって感じ方は違いますが、満足な性交を行なう為の、十分な勃起が得られなかったり、勃起を維持できなかったりする状態のことを示します。現在日本では、1000万人以上の患者がいるとも言われている病気です。

【治療法】

当院では、内服の薬(バイアグラ、レビトラ)などによって治療を行なっております。EDの原因は、糖尿病、高血圧、高脂血症、喫煙、ストレスや不安などの心理状況などが挙げられております。決して特別な病気ではございませんので、お気軽に受診・ご相談下さい。

バイアグラ

ED治療を根本的にかえた革命的な薬です。血管を拡張させて海綿体にいく血液量を増大させて勃起を持続させます。催淫剤ではないので、性的刺激がないと、勃起しません。

レビトラ

効きが早く、食事に影響をうけづらく、勃起力が強いとされていてますが、個人差があり、人によります。

藤井クリニック tel:048-998-7522

八潮市八潮にある藤井クリニックです。内科・循環器内科・小児科・リハビリテーション科を中心に、予防接種や健診・生活習慣病の治療などに力を入れております。お気軽にご相談ください。